ビジネスとマネー

独立したら、全てのことは自分でしなければなりません。


会社に属していれば、各種社会保険も自動的についてきますし、病気で仕事が出来ないときは、誰かが変わってやってくれます。


独立開業に成功して、従業員など雇えるようになれば、仕事は任すことができますが、逆に社員を守る立場になりますから、雇用保険などの社会保険料の支払いもあります。

続きを読む≫ 記事カテゴリー 個人事業

独立後、順調にビジネスが収益をあげていても、自分が病気になって、仕事ができなくなれば、売り上げが落ちて、運転資金など困難な状況になる可能性があります。

 


自分が動けなくとも十分会社が回っていくほどまで成長していればいいですが、そういう状況になっているとは限りませんね。

 


そんな場合にそなえて、中小機構共済に加盟しておくとよいでしょう。

 


中小機構共済は、創業時の開業資金の融資だけでなく、傷病災害時貸付けという制度があり、事業主などが疾病または負傷により一定期間入院を必要としたため、または災害により被害を受けたため経営の安定に支障が生じた場合に事業資金の貸付けが受けられるというものがあります。

続きを読む≫ 記事カテゴリー 独立開業

住宅ローンの選択というと金利の%や固定金利や変動金利の選択を考えると思いますが、実は返済方法についても重要な選択肢があります。



返済方法次第で、金利が全く同じでも、返済総額が異なってくるので、今後、住宅ローンを組んで住宅宅購入を考えている人は知っておいていいだろう。

低金利が続いていた日本でも、今後は金利UPという矢先、サブプライムローンで、一端上がってきていた住宅ローンなどの長期金利も、低下している。

なかなか金利UPもしないような経済状況だが・・・これ以上下がるというのは、下があまり無いこともあり、考えにくい。
続きを読む≫ 記事カテゴリー マネー

日本の景気はいいようで悪いようで・・・格差社会と言われるなかで、アベノミクスで景気がよくなっても、

 

一般サラリーマンの平均月収は上がるかどうかは分かりません。

 

パートや派遣で賄える仕事が増え、平均収入は全体的には減っているのが現実ですし。

 

 

給料が上がらないのならばと、自分で副収入を得る方法を考える人が増えています。

 

 

あわよくば、独立開業までたどり着きたいと思っている人も多いことでしょう。

 

 

そんな中でも副業禁止規定のある会社がおおいので、隠れて週末ビジネスやネットビジネスにいそしんでいる人もいますね。

続きを読む≫ 記事カテゴリー 独立開業

これはあくまでも、短期的な資金調達のことですが、

その短期的なというのは、とにかく直ぐ現金が必要だけれど、1ヶ月以内には絶対返済できるというような場合です。

入金が遅れて、支払いや引き落としの残高が足りないなんてことは、ビジネスをしていればどうしても起きること。

しかし、たったそれだけ1回のことで、信用を失ったり、ブラックリストに載ったり、倒産したりではかないません。

そんなときに、キャッシング業者は金利が多少高くても、即日振込してもらえるというるりっとがあるので、とてもありがたい存在となります。

続きを読む≫ 記事カテゴリー ビジネス

最近はとても簡単にお金を借りられすぎすぎると思うのは私だけだろうか・・・


借金というと、かなり暗いイメージだが、キャッシングとかリボ払いとか、分割とか、クレジット払いだとかというと、なんだか平気に聞こえてしまうから不思議だ。


お金を借りるに、金融会社の窓口に行くのが普通だったが、今や、無人貸出機はあるし、インターネットで申し込むだけで、借りられるネットキャッシングもあって、実に簡単にお金を借りられてしまう。

一定期間は、無利息というものまで登場している。

続きを読む≫ 記事カテゴリー マネー
資金の調達は、独立したあとも経営者の悩みです。

開業資金の融資をうけている場合、その返済もありますから、

新たに融資を受けるのは、なかなか大変で、

金融機関もそう簡単には化してくれないでしょうし・・・

返済が゜句が増えれば、事業も大変になってきます。

ですから、返済しなくてする資金の調達も考えるべきです。
続きを読む≫ 記事カテゴリー 事業資金

女性が独立開業するときの選択肢として、美容系のビジネスが人気だが

テナントを借りるとなると相当の資金が必要になってきます。

人通りの多いところとなればやっぱり駅徒歩圏内。

となれば開業資金だけで、300万円は下らないだろう

それでも運転資金が足りないので、融資を受ける人用が出てきてします。

事業ローンの返済をしながら経営していくというのは、よほどの起業の覚悟がなくては無理だろう。

続きを読む≫ 記事カテゴリー ビジネス
過去に社会に出て営業や実際にお客さんの対応をしたことがある人ならわかると思うが、

個人で営業してお客さんを相手にする場合でも、

また、ネットショップの開業をした場合でも、大切にしていかなければいけないものがある。

それは、一度来たお客さんにまた来てもらうために、誠心誠意で接する事だ。

それは、媚を売れとか無理難題な事を言われても断らずに受けろと言うわけではない。

お客さんの要望にはできるだけ応える姿勢を見せようと言う事だ。
事業をすめための資金の調達方法はいろいろあります。

独立開業資金は理想は自己資金で賄う事ですが、それでは独立開業のチャンスは少なくなってしまいますから、事業資金の融資を受けることも選択肢です。

新規開業融資の情報ならば、やっぱり日本政策金融公庫が一番充実しているでしょうし、金利も有利ですから、直らつ窓口へ行くか、地元の商工会で相談するのがいいと思います。

独立開業後の資金の調達の場合は、民間の金融機関も選択肢になってきます。
続きを読む≫ 記事カテゴリー 事業資金

事業資金について

資金が足りなくなった場合、運転資金が不足した場合などに備えて、ビジネスカードローンを作っておくことを勧めます。 急ぐときはビジネスローンでも即日審査融資できるところもありますので何とかなると思いますが・・・ 予めカードタイプの資金調達方法を持っておいた方が安心んです。 借りなけれは手数料もかからずすみますからね。