ビジネスとマネー

独立後、順調にビジネスが収益をあげていても、自分が病気になって、仕事ができなくなれば、売り上げが落ちて、運転資金など困難な状況になる可能性があります。

 


自分が動けなくとも十分会社が回っていくほどまで成長していればいいですが、そういう状況になっているとは限りませんね。

 


そんな場合にそなえて、中小機構共済に加盟しておくとよいでしょう。

 


中小機構共済は、創業時の開業資金の融資だけでなく、傷病災害時貸付けという制度があり、事業主などが疾病または負傷により一定期間入院を必要としたため、または災害により被害を受けたため経営の安定に支障が生じた場合に事業資金の貸付けが受けられるというものがあります。

続きを読む≫ 2014/01/10 15:58:10

日本の景気はいいようで悪いようで・・・格差社会と言われるなかで、アベノミクスで景気がよくなっても、

 

一般サラリーマンの平均月収は上がるかどうかは分かりません。

 

パートや派遣で賄える仕事が増え、平均収入は全体的には減っているのが現実ですし。

 

 

給料が上がらないのならばと、自分で副収入を得る方法を考える人が増えています。

 

 

あわよくば、独立開業までたどり着きたいと思っている人も多いことでしょう。

 

 

そんな中でも副業禁止規定のある会社がおおいので、隠れて週末ビジネスやネットビジネスにいそしんでいる人もいますね。

続きを読む≫ 2013/11/04 16:49:04

独立開業するのはいいが、とても人は雇えないという場合は多い。

一人で外に営業に出ているときに、連絡などが入ると、対応できないのがも一人起業の弱点です。

レンタルオフィスなどで、電話受付などは対応してもらえるので、それも一つの手です。

また在宅で、電話秘書をしている在宅ワーカーもいるので、そんなサービスを利用してもいいでしょう。

続きを読む≫ 2011/05/30 14:33:30