独立後の疾病のリスクは保険で

独立後の疾病のリスクは保険で

独立したら、全てのことは自分でしなければなりません。


会社に属していれば、各種社会保険も自動的についてきますし、病気で仕事が出来ないときは、誰かが変わってやってくれます。


独立開業に成功して、従業員など雇えるようになれば、仕事は任すことができますが、逆に社員を守る立場になりますから、雇用保険などの社会保険料の支払いもあります。

独立、起業後のリスクに備えるには、充分な保険に加入する必要が出てきます。


特に病気になった時のために医療保険、入院保険などは必修でしょうし、がん保険、また独立開業する女性の場合は女性がん保険など、入院費用や治療費など、健康保険だけでまかなえない部分をしっかり補っておく必要があります。

独立前に保険の見直しをすることを忘れずに。

独立後の疾病のリスクは保険で関連ページ

営業事務所はレンタルオフィスで十分
ビジネスとお金と独立についての色々な情報や考え方を提供しています。あなたの生活設計に役立つでしょう。